Make your own free website on Tripod.com

貴乃花やTOSHIだけではない洗脳セミナーに嵌る有名人の“心性”

▼TOSHIを洗脳した倉渕雅也

このところ、やたら世間を騒がぜている元XJAPANのボーカル・TOSHIの洗 脳間題。そのTOSHIを洗脳してしまったといわれるのがレムリアアイランドレコード を率いるMASAYAなる人物だ。
ワイドショーのコメンテーター相手に大仰なポディアクションつきの早口でまくしたて るMASAYAと、その隣でいささか虚ろな目をして、こういい続けるTOSHI。
「僕は洗脳などされていません」
「レムリアは金儲けが目的ではないし、違法な活動など行なってはいない」
「彼の純粋な生き方に魅かれました。上場企業の役員の座を捨てて地球と自然に貢献する 企業を作りたいという信念に心から共鳴しました。そのどこがいけないのですか?」
だが、TOSHIがどう言おうと、MASAYA率いるレムリアアイランドレコードは れっきとした、洗脳セミナー囲体である。
「レムリアはあまり知られていまぜんが、やってることは他の洗脳セミナーとほとんど同 じです。それどころか会員に高価なオカルトグッズを販売させるなど、霊感商法もどきの 行為もやっている。実際、霊感商法被害者弁連にも何件か相談がきているほどで、セミナ 1としては悪質な部類に入るんじゃないてすか」(週刊誌記者)
そもそも、このMASAYAという人物、以前からマルチ商法や洗脳セミナー人脈にど っぷり浸った「ペテン師」として一部では知られた存在だった。
本人が周囲やマスコミに語っているところによれば、MASAYAこと倉渕雅也(本名 透)は束京元麻布生まれの41歳。父親は”東京地検の元検事”で最終学歴は青学中退とな っている。小学生で芸能界入りをし、後アイドル歌手でデビュー。その後、作曲家に転 身、2年間でのべ1800曲を作曲。その一方でディスコや飲食店経営に乗り出し、郷歳 で日本航空の系列会社「ジャイロ」の社長に。30歳でミザワホーム系列の一部上場企業 「日本エタニットバイプ」の史上最年少役員に就任。その後、世界放浪の旅に出て、マイ ケル・ジャクソン、ポール。マッカートニー等のスーパースターと交流を重ねながら帰国 まさにまばゆいばかりのキャリアだが、実をいうと、こうした経歴は半分以上「嘘」な のである。
例えば父親が元検事という話は、正しくは検祭事務官だ。最終学歴は私立明大中野高校 卒で青学の入学歴はない。作曲家歴に関しては不明だが、2年間で1800曲は人間業で は不可能だろう。たったひとつ正確なのほ23歳から30歳までの実業界キャリアだが、これ も得意絶頂期のMASAYAを知る人物にいわせるとこうなる。
「典型的な”ジジ殺し”で、当時数いた学生起業家の中でも頭の中身はともかく、プレゼ ンテーターの腕は群を抜いていたね。ただすぐ馬脚を現して、金銭トラプルで辞めていく パターンだった。ロが天才的にうまくて、金を集めるのは凄腕だったけど、使う方もハン バじやなく荒っぽかったからね」
その典型ともいえるのが、約5年ほど前にMASAYAが打った大バクチだろう。与論 島に「プリシラリゾート」なるリゾートホテルの建設を企画し、ゴルフ会員権方式による 会員権販売に手をつけたのだ。運悪く、時すでにバプル崩壊の真っ最中、強引に会員権や 株券を売りまくったが、あえなく挫析してしまう。当然、建設半ぱのホテルは人手に波り、 数憶とも十数憶ともいわれる負債が残った。
「一時期、夜逃げ同然に身を隠してましたね。その時、バンフレットの制作をして約1 000万を踏み倒された広告代理店社長がテレビで話していましたが、債権者につかまる と、ひたすら土下座して返済を延ぱしてくれと懇願するんです。ところが、その後は知ら んぷり。被書に遭った連中は皆ヤッのことを骨の髄までペテン師だといってますよ」(M ASAYAの元友人)

▼バブル崩壊後のオカルト化

そしてこの実業家時代、MASAYAが利用したのが、他でもない「洗脳セミナー」の 手法だったのである。
「ようするにセミナーを開いて、売れない会員権や株券を売りつけるわけです。ええ、与 詮島のリゾートの時もこの手を使ってましたよ」(前出・元友人)
MASAYAが「洗脳」を商売に利用することを学んだのは、あの田中孝顕と知り合っ たことがキッカケだったといわれる。田中といえぱ、「ナポレオン・ヒル・ブロ グラム」なる名の怪しげな自己開発ブログラム販売と、マルチまがいの出版社・騎虎書房 の経営で知られるエス・エス・アイブルーブの総帥。
「MASAYAは最初のうちブログラムの販売を手伝っていたが、そのうち囲中に取り入 って金を出さぜ、自分の会社の役員に名前を連ねさせてもらったりしていた。でもあまり のウザン臭さに田中の奥さんに嫌われ、最後は訣別した」(騎虎書房元社員)
しかもこの後、MASAYAは自ら、「ハートピュア・チャイルド」「アイランド」な る啓発セミナーとマルチ商法をドッキングさせた会社を作って、主にパイ・ウォーターや 浄水器、オーラが見えるサングラスといったオカルト系グッズの販売に手を染め始めるの だ。もちろん本業はセミナー会社で、この頃、自らのセミナーの講演でしきりに「ハル マゲドン」や「2000年に地球上の人類の9割は死ぬ」等と、麻原もどきの発言を繰り 返すようになる。ただ不勉強と知識の底が浅すぎるせいもあって、こんな評価しか残って いない。
「セミナーの中身はもうメチャクチャ。孔子や老子が出たかと思うと、いきなり『風の谷 のナウシカ』に話が飛んで、ほとんど分裂症だった。ただ彼はヒーリングミュージックテ ーブの使い方が達者だから、センチメンタルなオバサンや若者はコロッとハマってしま う」(洗脳セミナーに詳しいジャーナリスト)
ヒーリング系のアーティストといえばシンセサイザー系音楽で知られる富下富実夫 (47)が有名だが、MASAYAに比較すると宮下の方が格は避かに上なのだという。 「MASAYA自身、宮下を相当意識しているんじゃないの。もしかしたら、どこかで接 点があるかもしれない。というのは、T○SHIも一時期、富下お得意のガイヤ説にハマ っていたし、宮下と長い親交のある喜多郎とジョイントコンサートを組みたいって盛んに 言ってたからね。ただ、宮下はロスのニューエイジ好きの連中の教祖的な存在だし、何よ りもMASAYAみたくオカルトグッズを売り歩くようなことはしないよ(笑)」(音楽業界関係者)
いったい、こんなインチキな人物になぜ、いとも簡単に洗脳されてしまうのか。間題は 洗脳する側仰MASAYAだけでなく、洗脳される側靴T○sHIにもあったようだ。 T○SHIはテレビで繰り返し発言したように、4、5年前から心の癒しに魅かれ、二 ューエイジムーブメントをはじめ、様々なヒーリングに傾斜していた。
これはあまり知られていないが、数年前、T○SHIは日本のマルチ商法、SF商法 (催眠商法)の教祖、島津幸一の未亡人に招待され、未亡人自らがカナダで経営するEM 嚢法による農場で数日過したことがある。もとより島津未亡人はEM農法の提唱者、琉球 大学教授の比嘉照夫のメーンスポンサーであり、T○SHIを”広告塔”にしようと狙い 打ちしたのは間違いないところだろうが、これを見てもT○SHIがいかに社会性がなく、 無分別に洗脳集団に組み込まれてしまう ”素質”を持っていたかが分かるだろう。

▼責乃花を”洗脳”した冨田多四郎

「責は洗脳されています」 T○SHIの洗脳疑惑報道の直後、父で親方の二子山の口から出た言葉に、ワイドショ −のスタッフ、レポーターたちはさぞかし小躍りしたはずだ。何しろ二匹目のドジョウ が、間髪入れず釣り上がったからだ。
このスキャンダルの主役はいうまでもなく横綱貫乃花と東京四谷で「筋骨堂治療院」を 開業している冨田多四郎(48)。貴に”横網の資格なし”と切り捨てられた”お兄ちゃ ん”こと若乃花は、今回ばかりは脇役に廿んじるしかなかった。自ら「洗脳思考の絶対性 理論作者」と名乗り、「人間は親を越えてしまったのでは、神に頼るしかない。神様は親 です」などと、しきりに親子断絶をすすめるかのような”特異”な理論を展開する世にも アヤしい整体師に、平成の大横綱が見事に八マッてしまったのである。
「貴が官沢りえとの破局の当時からウロチョロしてたね。横綱審議委員の平井義一の運転 手をしていた関係で二子山部屋に出入りしだして、はじめの頃はタダ同然で部屋の若いモ ンの整体までやってたよ。そのうち責と仲良くなったのは貴が誰かれとなくつきあいのあ る有名スポーッ選手を紹介してくれるからで、カズ、イチロー、松井秀喜、清原和博ま で通っていたことがある。ただし、清原は『あんな神がかりのオッサンに腰もんでもろ うたらえらい目にあう』とすぐやめたけどね」(スポーッ記者)
それはさておくとして、一説には”中学2年程度の学力”といわれる貴乃花、船井幸雄 と春山茂雄と相田みつをを足して3で割ったようなこの神懸かり整体師のお告げを、飛躍 的に理解吸収していったようだ。
しかしよくよく考えてみれば、若貴の父親あの二子山親方と伯父の藤島親方も揃って霊 友会の信者であり、若貴兄弟も入信していたと思われる。早い話が”洗脳される”対象が 宗教団体から、謎の整体師に移っただけのことなのだ。
「整体は中園式指庄と日本吉来のアンマが合体したようなものなんですが、近年、インド のヨーガがミックスされ、どうしても宗教的色彩を帯びてしまいがちです」(スポーッ医 学専門家)
しかも整体師は、直接体験者(息者)の肌に触れるため、体験者は心を開放しやすく、 つい不安感や迷いを吐露してしまう。そこで本来侵してはいけないはずの心の治療まで施 し、貴乃花のケースに至ってしまうのだ。
相撲に限らずブロスポーッ選手はこの手の勧誘(エンロール)にからきし弱い。その原因 は常にタニマチや取り巻きに囲まれて、彼らの言うままになりやすい環境にあること。好 調期とスランブ期の狭間にいるため、つい何かに頼ってしまうことなどが指摘されている。 例えば、その典型といえるのが、巨人のコーチ入りが専されている原辰徳だろう。つい 景近、「泰道」なる手かざしハンドバワーのエセ宗教団体の広告塔活動をしていて間題に なった原だが、彼の洗脳・オカルト歴はこれだけにとどまらない。
「∞年には和歌山の超能力者にケガを治してもらったと入れ込み、チームメイトの青村禎 章らと一緒に通いつめていたし、その後は『国際心理開発協会』にハマったこともある。 この団体は『プラス・イメージ成功法』などの著者で知られる小林充が主宰する洗脳セミ ナーで、やはり巨人の中畑清、それから柔道の山下泰裕なども参加していましたね」(ス ポーッ紙記者)
他にも具体例には事欠かない。王員治や藤囲元嗣の水晶玉信仰は有名だし、江本孟紀は 参議院議員になった今も「エルビームファイバー」なるオカルトグッズにはまり、その広 告塔的な役割を担っている。
現役では統一教会の霊感商法に引っ掛かって高価な印鑑を買ってしまったのが、阪神の 新庄副志外野手。ジャイアンッの”夜の4番”こと清原の人生の師は、何と熊本の霊媒師 だ。現在の六本木のマンションほぞの人物による方位学占いで決められたといわれてい る。この霊媒師は今シーズン中に何度も東京ドームに姿を見ぜていて、ぞの度に打席の清 原に強烈な気を送っているという。長鳴覧督にも試合中、気を送る女霊媒師がいる。その 霊媒師のすすめかどうかほわからないが、今年のミスターブロ野球は、やたらゲンを担 ぐ。一箱30万円もするイチゴを試合前に必ずバクつくかと思えぱ、「銀河水」と呼ぱれる 1本2500円の気の入った水を毎朝飲んでいるらしいのだが、結果の方は知っての通り 惨たんたるものだから笑える。

▼なぜか三流芸能人がハマるセミナー

では、芸能人であるT○SHIの場合はどうだったのだろうか。ビジュアル系バンドの 先駆として熱狂的な人気を誇っていたXJAPANだが、解散後のT○SHIは、実は 落ち目のご一流アーティストでしかなかった。
とくにヒーリングをテーマにした楽曲は、アルバム、シングルを問わず惨敗し、かつてあ れほど熟狂的だったT○SHIファンもかなり敷減し、いまではインディーズ系バンドな みの寒い現状だ。つまりは、ご一流アーティストによる洗脳ドタバタ副というのが今回の騒動の実相といえるのだ。
5年前のこと、ポッブ系ミュージシャンのKAN、プリンセス・ブリンセス、バラドル で人気のあったちはるの3者が、”セミナー三大芸能人”といわれ、有象無象のセミナー 会社が会員勧誘時に必ずこの3人の名前を例に挙げたとさえいわれていた。
「KANもブリ・プリもちはるも、売れない頃からかなりセミナーにハマってました。売 れないから暗くなり、暗くなるから益々芽が出ない。おそらく関係者の護かが、ポジティ ブになれるからセミナーを受けてみろと指示したのでしょう。それで、たまたまヒット曲 が出たり、ちはるのように、バラエティーに出てバッと人気が出てしまった。そこで待っ てましたとぱかりに、セミナーム安社が彼らを広告塔として前面に押し出していったわけですし(セミナー商法に詳しいジャーナリスト)勧誘(セミナー業界用語のエンロール)の際の鉄則で、誰々が受けてる、こんなに変わった、だからあなたもいらっしやいというご一大論法があり、受講している芸能人はセミナIても特別扱いを受け、必ずペテランのトレーナーもしくは主宰者自らが担当している。
そのテクニックは見事で、ほめちぎるかと思えぱケナシまくる。硬と軟、押しと引きを 駆使するのだ。T○SHIの場合はルックスのコンプレックス”アゴ”を責められ、つい にほ自己卑下の極致ともいうべき”バケモノアゴオトコ”のコードネームをつけられるに 至ったのである。もはや転職しかないご}流芸能人、アーティストや、陽の自を見ない無名タレントが、セミナー講習を受けて、ガラッとキャラクターが一変する。前向きになるのは大いに結構なのだが、もともと自分自身で獲得した輝きでないだけに、セミナーを受けなくなるとたちまちその輝きが色あせてしまう。だから、また受け、また落ち込み、また受けるを繰り返していくのである。これは、精神的な覚醒剤以外の何物でもないのだ。 実をいうと、T○SHIと同じレムリアにも、最近CMで復活した藤岡弘ご万たのきん トリオの落ちこぼれ野廿義男、めったにテレビで見なくなった二枚目タレント沢向要士、 元少女隊の藍囲美豊、ロスで忍者アクションスターで食いつないでいる千葉真一などの参 茄が報かれているという。
さらに受講のサインはしたものの結局、会場に現れなかった有森也実、ホットなところ では、池上季実子だろう。この9月に時のレムリアアイランド・リヅートに泊ったのをし っかり目撃されている。

▼洗構セミナーにはまる時代背景

その一方でこのセミナーを計算づくで利用している業界関係者もかなりいて、その代表 が売れないタレント、落ち目タレントを持つ芸能プロだ。もちろんこのケースでは受講料 は事務所持ちになる。
「雑誌のモデルやらしてもギャラは少ないし、売れないには売れないだけの理由があ る。事務所としては、AVやヘアヌードで面倒を見てきた元を取り戻したい。かくなる上 は、しっかり洗脳してもらい、”ヤル気”を出させさえすればってこと。ご一流どころのタレントでも初脱ぎでAVと写真集のセットだと、安くても1500万は下らないからオイシイ話だよ。トョエッに捨てられてフ抜け状態になった小島聖も通ってるらしいし(芸能ブロダクションマネージャー)
また現在、一番被害件数が多いといわれているのが、株式会社「ライフスペース」。 「わしはインドの宗教家サイババのメッセージを伝えることの出来る数少ない人間や。人 を見れば紺胞のDNAに書かれた6万項目のデータすべてが読み取れ、その人間の生まれ てきた目的、役割がピタリとわかります」
と豪語し、就くべき職業や結婚相手まで指示する人物、高橋弘二が主宰する典型的な洗 脳セミナー会社である。「グル」と呼ばれる高橋弘二だが、何しろ啓発セミナーの本家本 元、ライフダイナミック社(現アーク・インターナショナル)に関係していただけあって 説法だけは滅法うまいのだ。
「長渕剛がずいぶん前から通っていたね。最近はバブル崩壊のあおりでセミナー業界自体 受講者が激減しているんだけど、ここだけはお布施が最低でも400万z500万と高く その分えらく儲かっているようだよ」(啓発セミナーに詳しいジャーナリスト)
自己啓発セミナーは、簡単に言えば受講者の自我(エゴ)を崩し去った後の真自な脳に、 セミナーサイドに好都合なメッセージをインプットしていくスタイルだが、残念ながらメ ッセージの効能はさほど長続きしない。メッセージが途切れると、途端に素の自分に戻る 人間が圧倒的に多いのである。洗脳解除のプロフェッショナルで脳機能学者の苫米地芙斗 がワイドショーでT○SHI程度の洗脳を解くのはb分とかからないと発言したのは、洗 脳のメカニズムを考えれば当然のことだ。
いま、”癒し”ビジネスはバプル以降一つのピークを迎えようとしている。かつてのバ ブル時代のキーワードが「ポジティブシンキング」とすれば、崩壊後の現在は”ヒーリン グ”。最後は自己責任であることは自明の理で、それをとやかく批判する気は毛頭ない。 だが注意を喚起すべきは、紹介した有名人たちが洗脳を受けることで、知らず知らずに広 告塔にされている事実だ。さらにその結果、大多数の一般人が家庭崩壊や人格改造され て、社会的適合能力を喪失させられている。”弱き者たち、なんじ地獄(セミナー)の門 を叩くなかれ”である。〈敬称略〉